喫煙者の受動喫煙の防止にも役立つ分煙機

密閉された部屋で喫煙をすると、煙草の煙は部屋の中に充満する事になります。

これは一般的な住宅の中でも同じですが、喫煙所などでは一人や二人が喫煙をするわけではなく、一度に数名の人が喫煙をすることになるため、充満する煙の量は多くなります。煙が室内に充満すれば息苦しさを生じる事になるわけですが、喫煙所には分煙機が設置されている事が多く在ります。
分煙機は充満する煙を排出してくれる効果を持つ事からも、喫煙所などに設置されているのですが、単に煙を排出するだけなら換気扇でも良い事になります。
壁に換気扇が在れば直接外に排出が出来ますが、高層ビルなどの場合、換気扇を取り付ける事も容易ではありませんし、喫煙所が必ずしも外側に面した場所に設置されているとは限りません。

また、排出された煙は有害な物質を含むことからも分煙機が利用されることが多くと言う事です。



分煙機は、煙を吸引すると同時に、煙草の煙に含まれている有害な物質を、フィルターを利用して除去し、クリーンな空気として排出が出来ます。

喫煙室の情報についてご説明します。

受動喫煙と言う社会問題が在りますが、他人が吐き出した煙を吸い込む事で、喫煙の習慣が無い人の肺ガンへのリスクを高めてしまいますし、喫煙所内で喫煙をする場合も、煙が充満することで喫煙者における受動喫煙の問題も生じる事になります。

しかし、分煙機が設置されている事により、室内の空気は常に綺麗な状態に保てるなど、喫煙者の受動喫煙の防止にも役立ちます。